オススメリンク

  • 井戸掘り110番

    迅速かつ安全にさく井工事を行ってくれるのがこちらになっています。追加料金が無い明朗会計が人気の業者ですよ。

高い利用価値

ワイングラスに水

井戸というと古くは多くの家庭にあるものでした。しかしながら現在ではあまりみかける事が出来なくなってきているのが現実と言えます。しかし最近ではまたその井戸が、大きく見直されるようになっています。

この記事の続きを読む

工事内容や流れ

青銅色の井戸

井戸水を利用するためには、井戸掘り工事を行なう必要があります。井戸掘り工事は個人で行なうのは難しいので、専門業者に依頼して施行するのが一般的です。地域によっても、掘る深さは異なります。

この記事の続きを読む

調査方法の種類

落ちる水滴

地質調査の方法として一般によく用いられる方法には、ボーリング調査と呼ばれる標準貫入試験、表面波探査法、スウェーデン式サウンディング調査などがあります。 木造の戸建て住宅のほとんどでは、スウェーデン式サウンディング調査が行われています。費用が少なくて済み、簡単に行えるのが、その理由です。 ただし当然、この地質調査法も、他の調査法と同様に万能ではなく、問題点もあることを理解しておくことが大切になります。 その一つは、この調査法がある一点での調査であり、より広い範囲の地盤状況を、この調査法のみで知ることは困難であるということです。 さらにこの調査法のほとんどが、手動や半自動の試験であるため、正確な地盤の情報を得ることが困難であり、土質の判別は主に調査員の五感に頼っていて明確ではないことも、知っておかなければなりません。

地質調査の結果を見る時には、通常、まず基礎から2メートル程度下までの地盤の硬さに注目するといいでしょう。この2メートルというのは、建物の重さが地盤にもっとも大きな影響を与える範囲になります。もしもこの範囲で、自沈層と呼ばれる柔らかい層が多く存在する場合には、すぐに地盤補強工事を考える必要があります。 また、通常の木造住宅の重さが、地中の変形に影響を及ぼす範囲は、一般に5メートル程度までといわれています。地質調査の結果で、基礎から下の2メートルから5メートルの範囲に、自沈層が目立つようであれば、先の基礎下2メートルの範囲の地盤が良好であったとしても、やはり何らかの地盤補強を検討してみる方がいいでしょう。 一般の木造住宅を建てる際の地質調査の結果は、このように2つの層についての安全性を、まず検討してみることが大切になります。

高い利用価値

ワイングラスに水

井戸というと古くは多くの家庭にあるものでした。しかしながら現在ではあまりみかける事が出来なくなってきているのが現実と言えます。しかし最近ではまたその井戸が、大きく見直されるようになっています。

この記事の続きを読む

工事内容や流れ

青銅色の井戸

井戸水を利用するためには、井戸掘り工事を行なう必要があります。井戸掘り工事は個人で行なうのは難しいので、専門業者に依頼して施行するのが一般的です。地域によっても、掘る深さは異なります。

この記事の続きを読む

まずは現場確認

コップを持つ男性

基本的にどの地域でも井戸掘り工事を行なうことはできますが、場合によってはできないこともあるので、まずは確認をしてから工事計画を立てていきます。工事ができる場合は、施工内容や価格を確認していきます。

この記事の続きを読む