まずは現場確認

コップを持つ男性

井戸掘り工事は井戸水を利用できるようにするため、多くの作業を行います。そして専門的技術が必要となるため、熟練のプロによる施工を行います。ほとんどの場所で井戸掘りは行えますが、周辺環境や場所によっては井戸が使用できないケースもあります。そのため現場を丁寧に確認してから工事計画を立てていきます。 本格的な工事が始まる前に見積価格を提示するため、施工内容や価格を確認します。見積価格は概算価格であるため現場状況によっては変更となりますが、大まかな金額として定められています。施工の内訳には養生や掘削工事、設備の設置や水質検査が費用に含まれています。近年防災意識の高まりや消費増税の影響により、料金は値上がりしています。

50年前まで井戸はどの家庭にもありました。水道が今ほど普及していなかったため、貴重な水として各家庭を潤していました。現在は工場やビルが増え大気汚染が広まっていますが、数十年前までは空気も清涼であり、井戸水も飲み水として利用されていました。けれども時代の変遷により、井戸水の活用が減少した事で使用する機会が減り、現在井戸が残っている家庭はあまり多くありません。 そんな背景を持つ井戸水ですが、近年井戸水の重要性が唱えられています。きっかけは災害です。大災害が起きるとライフラインの確保が難しくなります。完全復旧するまでに数日から1週間かかる事もあるため、井戸掘りの必要性が高まっています。井戸掘りする事で省エネ対策と防災対策の両方を得る事ができます。